オフィシャルブログ

2019.06.22更新

沖縄腰痛 肩こり

おはようございますgya

 

7年前の今日は病院を退職の日

 

Facebookの振り返り機能はいいもんですね♫

 

あれから7年も立ったかと思うととても早く感じます。

 

病院を退職し他分野での勉強を経験して現在に至りましたが、その当時と今現在の患者様への対応を振り返ると何をしていたんだろうと思う今日この頃です。

 

何事も経験なので、その辺りは仕方ないですね(笑)

 

さて今日も天気は優れませんが笑ってすごしましょうglitter

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.06.21更新

母性本能?

おはようございます。

 

そろそろ梅雨明けしてほしいものです。

 

来週までは雨が続くようです…

 

今日は研究所の癒しnico

 

隣で寝ているお父さんではなく、お客様に説明してそのままベッドに置きっ放しにしてあったホネホネ君にタオルケットを被せてあげる優しい?!娘ちゃんですnote2

 

しかもマクラもさせてあげて!

 

本日は親バカ投稿でしたihi

 

それでは今日も笑って過ごしましょうglitter

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.06.20更新

椎間板ヘルニアは改善する?

おはようございますihi

 

本日は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と診断された方で研究所で施術を受けたことで改善された方について

 

最初でお伝えしておきますが、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症があるからといって必ず症状があるわけではありません。

 

痛み、痺れなど他の症状で医療機関を受診された際に画像初見でヘルニアが見つかった、脊柱管が狭くなっているなど言われた方もいると思います。

 

無症状なのに椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄があるの?

 

と驚かれた方も多くいるかと・・・

 

そうなんです。

 

実は痛み・痺れなどの体の不調は画像所見と症状が合致しない事が多く存在し治療を難渋させているのが実情です。

 

前日のブログ記事の80代 男性の脊柱管狭窄症による下肢の痺れ症状(間欠性破行)は研究所での施術により改善したということは脊柱管の狭窄とは関係がなかった。

 

もしくは姿勢変化により狭窄されている部分のストレスが軽減したことで症状が改善されたことになります。

 

ブログなどで椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の方が改善したケースを紹介していますが、実は診断名による症状が改善したわけではなく診断名と症状(痛み、痺れなど)は全く関係がなかった!という事になり関係のない痛み・痺れが改善したという事が本当のところです。

 

仮に研究所で施術を受け改善された方が手術を受けても、その方は改善しないはずです。

 

それは別に原因があったという事になるからです。

 

本物の椎間板ヘルニアが1回の施術で改善するといったケースは私は存在しないと考えています。

 

保存療法により診断から2〜3ヶ月間リハビリなどを受け姿勢変化、筋力の改善などが得られたことで椎間板にかかるストレスが軽減し画像所見でヘルニア自体がなくなった!というケースがヘルニアの完治というものです。

 

1回の施術でヘルニアがなくなったなんて報告は手術以外では聞いたことがありません。(あったらすいません。教えてください。)

 

脊柱管狭窄症に限っては徒手療法によって原因と考えられた部位のストレスが減ったとしても狭窄部位が自然治癒するといったことはなく外科的な処置がなければ完治とはならないでしょう。(こちらも改善事例があればすいません。教えてください。)

 

研究所での改善事例は画像所見だけでは判断できない所見を様々な視点からアプローチする事によって改善に導いていきます。

 

患部に強い圧迫を加えたりすることはないのでご安心を。

 

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形があるからといって諦めずにお気軽にご相談ください。

 

腰痛特設ページleft arrow腰痛などでお困りの方はクリックしてねnote2 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.06.19更新

沖縄 腰部脊柱管狭窄症 腰痛 80代男性

おはようございます。

 

どうにかブログ更新できました汗

 

たぶんですが、今週は毎日ブログを更新するはずですehe

 

前日の続き

 

歳とっているけど大丈夫?と問い合わせのあった80代 男性

 

病院での診断は腰部脊柱管狭窄症

 

病院でリハビリ、整骨院、整体などを通い続けたそうですが一向に変化せず・・・

 

ドクターより

 

「改善を望むなら手術も頭に・・・」

 

「年齢的にも手術は・・・」

 

と言われたそうです。

 

リハビリ通院等が中途半端になっていなかったか確認してみましたが、休む事なく自主トレーニングもしっかりと行っていたそうです。

 

症状が変わらないと思っても継続的に通い続けており、これまでお金もたくさん使ったそうです。

 

正直、今回も期待はしていないけど知人からの紹介だからきてみたと話してくれました。

 

こちらも正直に「5〜6回で症状に変化が出なければお手上げするかもしれません。ただ変化しないということはごく稀で改善の可能性はある」とお伝えしました。

 

問診の段階から症状改善の可能性を感じましたが、どこまで関節の可動性が残っているかということが重要です。

 

長期的に経過されているケースでは関節の変形などから可動域の改善が難しいこともあります。

 

研究所では背骨と骨盤、姿勢を重要視しており姿勢、背骨と骨盤機能が変化すれば十分に改善する可能性があると考えています。

 

施術前後の写真をみてもわかると思いますが施術前は頭もあげる事が出来ず良い姿勢に正そうとすると痛みが出るような状態でした。

 

歩行ではふらつきが強く100メートル程で下肢の痺れが出る状態でした。

 

背骨の柔軟性が著しく低下した状態でこれは改善が難しいかと思われましたが、施術をしていくうちに徐々に背骨の動きに柔軟性が改善glitter

 

施術後、姿勢、動きを確認してもらい15分ほど歩いても下肢の症状は出てくる事なく快適だと笑顔で話してくれました。

 

来週の来院まで状態が保たれているといいですが・・・

 

頑張り屋さんということを信じて次回来院をお待ちしています。

 

今回のようにヘルニア・腰部脊柱管狭窄症と診断された方でも姿勢変化が得られれば症状は改善する可能性は十分にあります。

 

姿勢変化といっても姿勢は無意識が前提です。

 

姿勢が悪いからと意識的に姿勢を正そうとすると症状が悪化するケースが多いので要注意です。

 

難治性の肩こり、腰痛、膝痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など諦めずにお気軽にお問い合わせください。

 

明日は研究所で改善している椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症について記事にしたいと思います。

 

サボったらごめんなさいehe

 

最後までブログを読んでもらいありがとうございます。

 

それでは今日も天気は優れませんが笑って過ごしましょうnote2

 腰痛特設ページ left arrow 腰痛でお困りの方は腰痛特設ページをクリックglitter

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.06.18更新

沖縄腰痛 脊柱管狭窄症

おはようございますo(^▽^)o

 

またまた久しぶりの投稿になってしまいました。

 

このサボり癖どうにかしてください(笑)

 

本題に

 

お客様からのお問い合わせの中に「80歳超えたオジーだけど大丈夫?」このような問い合わせがちょこちょことあります。

 

研究所には最年少は5歳〜90代の方まで幅広くご利用頂いております。

 

お客様の中には歳だから運動は諦めなさい。

 

などとドクターに言われた方もいますが、ただただ頭ごなしに「歳だから・・・」などと打ち切ることはありません。

 

可能な限り本人の生涯目標を実現できるよう応援していきます。

 

生涯目標は人それぞれ!

 

研究所では生涯現役でいられる体つくりをサポートするため様々な形で対応しています。

 

些細な体のお悩みもお気軽にお問い合わせください。

 

明日は「80歳超えたオジーだけど大丈夫?」と問い合わせがあったお客様の実例を紹介したいと思います(サボったらすいません【笑】)

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.06.17更新

沖縄腰痛 硬式野球 ボーイズリーグ

おはようございます。

 

久しぶりに野球観戦note2

 

中学硬式野球 ボーイズリーグglitter

 

3年生にとっては最後の大会ですnamida

 

毎年、サポートしている学生の最後の大会には時間が合えば出向くようにしています。

 

今年はサポート関係なしに甥っ子が所属している読谷ボーイズの応援に行ってきました。

 

子供の成長は早いもんですね汗

 

甥っ子が小学生の頃に野球の話をした事がつい先日のように感じるほどです。

 

これまでの甥っ子の成長、数々のエピソードを振り返りながら嫁、義母と観戦していく中で益々、時の早さを感じる時間でした。

 

結果は2回戦敗退となりましたが、とてもいい試合を観させていただきました。

 

選手、監督、関係者の皆様お疲れサマでした。

 

試合終了の時、そして関係者が父母に挨拶をしている姿を見て2度貰い泣きをしてしまいました。

 

年々、涙腺が緩んできているようです(笑)

 

実は私、近年インターハイのニュースなどを見ているだけで泣くようになっています(笑)

 

それでは・・・また明日から仕事ブログを再開するとかしないとか(笑)

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.05.21更新

沖縄 腰痛 側弯 日常の癖1

おはようございますnico

 

日常習慣が歪みを作る!!

 

ブログをご覧の皆さんは体に歪みを感じていませんか?

 

歪みにも様々なパターンが存在しますが今回は側弯について

 

側弯は図のように体を背中側、正面から見た時に見える背骨の歪みのことを言います。

 

側弯症とまではいかなくても背骨の歪みはとても多く存在します。

 

ブログ内でも紹介していますが背骨の歪みにより原因不明の不調であったり痛みを形成していることがあります。

 

研究所では姿勢を改善させながら背骨の柔軟性を高めていくことを重点的に施術しています。

 

多くの方が姿勢バランスを改善することで肩こり、腰痛などの症状が改善されています。

 

ですが施術後、症状は改善されても再び姿勢が崩れ腰痛が再発といったこともあります。

 

その場合の多くが日常生活の癖にあります。

沖縄 腰痛 側弯症 生活の癖

例えば上記写真は足を組んだ姿勢になりますが、この姿勢を続けていることで体を歪めている事はイメージしやすいですよね。

 

パートナーがいれば足を組んだ姿勢を10分ほどしてもらい立位になりチェックしてみてください。

沖縄 腰痛 側弯写真

背骨の横の筋肉(脊柱起立筋)の盛り上がりの左右差が出ていると思います。

 

このように足を組んだり、偏った姿勢が多いとその姿勢で固まってしまい腰痛などの痛みを形成することにもつながります。

 

体を歪める姿勢は人それぞれで、問診をしていくと「それが悪かったの?』と驚かれる方もいます。

 

歪みを放置すると後々、痛みを形成し難治性の症状になることもあるので歪んでいるなと感じている方は早めに対処することをお薦めします。

(側弯の改善事例については過去ブログを参照ください)

 痛みなどの症状はなくとも歪みが気になるといった方もお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.05.20更新

5月病?

おはようございますnico

 

ブログの最終更新がなんと3月26日汗

 

約2ヶ月サボってしまいました・・・

 

5月病と言い訳をしたいところでしたが、まさか2ヶ月も経過していたとはun

 

ただのさぼりです。

 

大反省汗

 

何事も継続が大切とさんざんお客様にもお話しているにも関わらず・・・

 

まずは自分自身がしっかりしなければいけませんね。

 

何事にも全力投球、時間は作るもの定期的な更新をしていきますので今後とも宜しくございますnote2 

 

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.03.26更新

腰痛 坐骨神経痛

おはようございます。

 

またまた久しぶりの投稿になってしまいました。反省

 

ブログをご覧になっている方の周りでも足の痺れ、坐骨神経痛などでお悩みの方は多い事でしょう。

 

研究所に通われる腰痛持ちの方でもとても多いです。

 

姿勢分析からもある程度の痛みの原因を推測する事が可能です。

 

痛み、痺れといった症状にも原因はいくつもありますが、なかなか改善しないといった症状も姿勢を変化させる事で患部(痛い場所)にかかっていたストレスが緩和され症状が改善するといったことは非常に多く経験しています。

 

初診の際には姿勢の影響で痛みが出てくるプロセスについても説明しています。

 

過去のブログ内でも姿勢について説明している記事がありますので覗いてみて下さいね。

 

病院などで色々な治療法を試してみたけど改善しないといった方は是非ご相談ください。

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2019.03.07更新

glitter2インソールサンダル入荷しました。購入ご希望の方はお問い合わせのうえご来店ください。glitter2


 

おはようございます。

 

だいぶ久しぶりになりましたが施術前後比較動画です。

 

腰椎椎間板ヘルニアによる臀部〜下肢の痛みと痺れ、変形性膝関節症による膝の痛みを抱えた60代女性。

 

歩く度に激痛に襲われ、全身的に緊張した状態で歩くため数メートルの歩行で息が上がる状態でした。

 

動画内の歩行をみれば素人の方でもイメージできるかと思います。

 

家事どころか日常の動きさえ厳しい状態でした。

 

このような状態が続くと活動量が急激に落ちる事で筋力、心肺機能なども低下してしまいます。

 

まずは少しでも楽に動けるようにすることが重要です。

 

重要任務です。

 

初診の際に施術5〜6回は必要かと思います。仮に5〜6回で変化しなけれなば改善は難しいと思ってくださいとお伝えしました。

 

初回から変化があり臀部〜下肢の痛み、痺れは改善しましたが、膝の痛みは大きな変化なし

 

膝関節を動かすとゴキゴキと軋みながら激痛を伴う状態でした。

 

初回は終了とし施術2回目は1週間後

 

2回目の施術でゴキゴキと軋むことなく関節がスムーズに動けるようになりましたが膝の痛みに著変なし。

 

施術3回目1週間後、膝関節の痛み軽減

 

施術4回目2週間後、痛みは2〜3程度(痛みの強さを10段階で評価し10が一番強い0は痛みなし)

 

施術5回目1ヶ月後、痛みなし歩行速度大幅にUP これにて研究所卒業です。

 

後はメンテナンスで通ってもらえたらと思います。

 

今回のケースは病院でリハビリを実施していたようですがなかなか改善しないとのことで紹介があり来院されました。

 

施術の間隔が空きすぎじゃないかと思われる方もいると思いますが、そこにも考えがあり自身の体をゆっくりと回復させ体に対する考えを変えてもらうためでもあります。

 

症状、要望によっても施術プランは変わってきますが基本スタンスは今回のようなパターンで改善されメンテナンスで通う方が多くいらっしいます。

 

過去のブログ内でも記事にしていますが、見かたが変われば難知性の症状も十分に変化する可能性があるということです。

 

体の痛み、不調など改善しないと諦めずお気軽にお問い合わせ下さい。

 https://www.humancdt.com/lumbago/

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

前へ 前へ
  • ヒューマンコンディショニング研究所 facebookヒューマンコンディショニング研究所 facebook
  • オフィシャルブログオフィシャルブログ
  • お客様の声お客様の声