オフィシャルブログ

2018.12.07更新

 3周年キャンペーン

ヒューマンコンディショニング研究所 3周年記念キャンペーンのお知らせ

皆さまに支えられヒューマンコンディショニング研究所は12月で3周年を迎えます。開店3周年を記念いたしまして、日頃のご愛顧をいただいております皆様方への感謝の意を表したく記念キャンペーンを開催いたしますので、ぜひご来店くださいますようお願い申し上げます。

初診
大人6000円→4000円 学生4500円→3500円

(通常 施術料5000円+初診料1000円)

2回目〜
基本コース 関節を正しい位置に調整することで痛みを改善に導きます。

大人5000円→4000円 学生3500円→3000円

オススメコース 基本コースに追加して背骨の柔軟性を改善することでより高い施術効果が得られます。

大人7000円→5000円 学生5000円→4000円

 

Eトレ インナーマッスルトレーニング

体験1000円→500円

*ご予約の際にブログを見たとお伝えください。

痛みの改善、カラダのチェック(ケガのリスク管理、ケガ予防)、スポーツパフォーマンス向上etc目的に合わせ、あなたにぴったりのプランを提供します。
12月29日までのキャンペーン価格です。この機会に是非お試し下さい。

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.12.05更新

ウォーキング

おはようございます

「健康維持のためのウォーキング」

ブログをご覧の皆さんは健康維持のために日々、取り組んでいることはありますか?

健康維持には運動・食事・睡眠・規則的な生活など様々な要素が含まれます。

今回は体重について記事を

体重と聞くとドキッとする方もいるでしょう

自身の体は痩せ型、肥満どちらでしょう?

太っているからウォーキング、運動不足だから運動するようにとドクター、体の携わる方などにアドバイスをもらった方もいるでしょう。

全てが間違いだとはいいませんが全身筋肉量が低下した状態は怪我、状態悪化のリスクがあり健康の為にと行っていた事が体に負担をかけるだけだったという考えにもなる為、運動そのもの見直さなけれいけないかもしれません。

研究所での運動処方は体組成計(inbody)で計測し全体筋肉量÷体重×100=%MVといった計算式で算出することで%MVがでてきます。(すいません。家庭用の体組成計での回帰式があったはずですが記憶が・・・)

この%MVに基づき運動を処方しています。
%MV
%MV82 競技スポーツでの障害安全閾値
%MV72 競技スポーツ参加可能
%MV65 日常生活安全閾値
%MV58 日常生活活動障害あり
となります。

運動処方では%MV65以下になるとウォーキング、立位での筋力トレーニングは禁止としています。この状態での運動は怪我のリスクが高く、また有酸素運動が無酸素代謝となり疲労の蓄積(疲れやすい体)、交感神経異常により睡眠障害、臓器不調を引き起こす事につながることも・・・

%MV65以下の方の運動処方は基本的にプールでの運動、エアロバイクを用いた有酸素運動を処方しています。

中にはウォーキングにこだわる方もいるので、そのような場合はストック杖を用いたノルディックウォーキングを勧めています。

まだまだ医療機関でも%MVに基づいた運動処方をしている場所も少なく聞きなれないですよね。

とても重要なんですよ。

例を挙げてみると変形性膝関節症と診断され数ヶ月リハビリ、体重を落とす為のトレーニングを続けた結果、症状が悪化し手術になったというケースも多数存在するようです。

体重増加、肥満、筋力が低下していると感じている方で運動を行っている方は計測をおススメします。

研究所で計測、運動処方のみも受け付けております。またはスポーツジムでも体組成計を置いているところがほとんどかと。

体組成計

*写真の計測結果用紙左下の赤いペンでマークしている場所が全体筋肉量になります。

その全体筋肉量÷体重×100=%MV

自身の体を知って運動を行うようにしましょう。

後日、家庭用の体組成計での回帰式を思いだしましたらブログで紹介します。

それでは今日も笑ってすごしましょう

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.12.04更新

膝の痛み 正座ができない

おはようございます。


「施術後の経過は?」

北部から膝痛で来院2回目のお客様

初回、膝痛で歩き始めの痛み、正座の際の痛みに悩まれていたお客様でした。

変形性膝関節症などの膝の痛みは筋力低下、肥満、加齢などにより膝関節の機能が低下して、膝関節のクッションの役目をする軟骨や半月板がダメージを受けることで正常な位置で関節を保つことが難しくなります。

その結果、膝の痛みを生じ、正座が難しくなったり歩行時の痛みが出てきたりと生活に支障がでてくる痛みのひとつです。

法事事などでも頻繁に必要となることもある正座。

正座が出来ずに困っているかたも多いのではないでしょうか?

無理に正座をすることは膝の症状をより悪化させる事にもつながるので要注意です。

変形の度合いにより正座の再獲得は難しいケースもありますが初期で適切な対応をすることで予防することもできます。

痛みを作る要因は痛みのある関節だけではなく骨盤、姿勢に多くの原因がありことがほとんどで、姿勢を整えることで痛み改善に導いていきます。

今回のお客様は骨盤の傾き(反り腰)が強くあり全身的に調整していく中で姿勢を改善し動作時痛、正座が痛みなくできるようにキラキラ 。

2回目の今回は歩行時の痛みが少々出現はしていましたが正座は問題なく出来ていました。

痛みが出現した原因を説明し予防する為の自己メンテナンスを再指導

再発しないことを願います。

一般的に膝の痛みの方に大腿四頭筋を鍛えることがリハビリの現場で行われることがありますが、大腿四頭筋を鍛えることで症状が悪くなったりするケースも多い為、自主トレを頑張っているけど改善しないと言った方は見直しが必要かもしれませんね。

良姿勢を保つ為には筋肉量、体重の管理ももちろん大切です。

次回は体重と痛みについて投稿したいと思います。

なかなか改善しない痛みはお気軽にお問い合わせください。

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.12.03更新

ストレートネック

沖縄肩こり

おはようございます。

あなたの自主トレは正解?

ブログをご覧になられている方もストレッチ、筋トレなど健康維持の為に様々なエクササイズにとりくんでいるのではないでしょうか?

これまでびょういん勤務時代から現在に至るまで多くの方を診てきました。

皆さん勉強熱心でネット、メディアなどの情報からエクササイズに取り組まれている方もいました。

ひと昔前では腰痛には腹筋、背筋を鍛えるといった事が当たり前の時もありましたね。

もちろん間違いではありませんが、その方の姿勢、症状により鍛える場所、ストレッチする場所は異なります。

やみくもにエクササイズを行なっていると症状が悪化したり慢性化させたりすることも…

研究所での自主トレの指導は施術後、両姿勢を維持するためのエクササイズと背骨体操、そしてお客様の症状と日常生活での癖をリセットさせる体操を指導しています。

こんなにあるのと思うかもしれませんが、全て入れても5分もかからない簡単なエクササイズです。*生活の中に取り入れていくだけの体操です。

ブログのタイトルに「あなたの自主トレは正解?」とありますが、教えたエクササイズが時間の経過とともに間違ったエクササイズになり効果がなくなるケースも多いです。

主に2回目は状態が維持できているか確認の為になります。

写真は2回目のチェックで来院されているお客様です。

まずはイメージを高める為にホネホネ君でエクササイズの説明を行いエクササイズを指導。

再指導後は「これだ!これ!」と効果を感じていました。

他の機関で自主トレを習ったけど効果がない…と思っている方も実は自主トレが間違っている事もあるかと思います。

復習は大事です。

もう一度、確認してみると良い結果が出てくるかもしれませんね。

施術を受けた直後はいいけど効果が持続しないといった方は施術自体に問題があったりセルフエクササイズが間違っているといった事もあります。

そのようなお悩みの方、なかなか改善しない症状もお気軽にお問い合わせください。

それでは今日はここまで。

今日も一日笑っていきましょう。 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.11.19更新

緊張性頭痛 偏頭痛

おはようございます。

友人からの緊張性頭痛(偏頭痛)の相談で思い出しましたehe

友人より『病院でMRIでも問題ない、筋肉の緊張からきているはず』とドクターから言われたそうtears

憂鬱になるぐらいきついそうで『研究所で頭痛も診れる?』と

答えはもちろんnote2

筋肉の緊張が原因で起こる頭痛は研究所でも多くの改善例があります。

以前より頚部の可動域の改善事例を紹介していますが、その施術にプラスして偏頭痛のアプローチを行うことで高い効果を発揮していますnico

相談を受けた際に、その場で簡易的な施術をすると偏頭痛が改善し『信じられない』と驚きと喜びで周りに声を発していましたnote2

内心やってやった感はありましたが平常心を保ち説明ehe

研究所では基本的に姿勢を改善していく中で症状を解決していきますが今回は頸部と頭部のみの施術5分程度glitter

普段は全身的に体を整えながら症状を改善していく流れの施術のため、頸部・頭部のみ施術というパターンは研究所では実施していません。

姿勢変化が原因で緊張性頭痛が起きていると考えているので肩、頸部、頭のみの施術で改善しても多くは再発するのではないかと思います。

おそらく友人も全身的な施術は行っていないので再発するかと思いますshun

葉っぱに水をかけても元気にはなりませんよね?

症状は結果であり原因に対するアプローチがないと症状は完治しません。

姿勢を改善させながら症状(肩こり・腰痛・膝痛・頭痛等)を診ていくと先ほど上記に書いていますが、それもまだ根本部分ではありませんtears

最上位の原因は自律神経の乱れが原因となり症状が出現してくるといった流れになります。

自律神経を改善していくためにはセラピストだけのアプローチのみで改善することは難しくお客様の生活習慣に対する考えも指導しなければ改善していくことは難しいと考えています。

今回は自律神経については割愛・・・

先月、東京へ弾丸ツアーbibibi頭痛・ストレートネックに対するセミナーを受講しさらにパワーアップしていますgya

偏頭痛の改善事例も増えてきています。

このような方は是非ご相談をglitter

・病院でMRIなどの検査を受けたが異常がない

・天気の崩れにより頭痛が出てくる

・痛み止めを常用している

・首、肩のこりがきつくなると頭痛が出てくる

・頭痛がきつくなる吐き気が出てくる・・・など

上記は偏頭痛について書いていますが慢性的な体の痛み不調など悩まずお気軽にお問い合わせくださいnico 

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.11.19更新

20年来の慢性腰痛

おはようございますnico

20年来の腰痛に悩まされる60代男性の来店がありました汗

病院でのリハビリもやってはみたけど変化はなにもなかったとgan

立位姿勢の崩れがちょめいにあり素人の嫁が見てもわかるほどehe

嫁も素人とはいっても一緒に仕事していくなかで、ある程度の体の異常パターンは推測できるようになっているようですnote2

嬉しい成長ですgya

本題に

全身的に体が硬く、特に寝返りの動作がきついようでした。

施術前後でベット上での動作では全てクリアglitter

まだパーフェクトな段階ではなく柔軟性の改善が必要な場所も残りましたが初回は終了

慢性的な腰痛で悩まれているかたは腹筋、背筋といった外側の筋肉が固くなり、逆に体の深層にあるインナーマッスルの働きが弱化している状態にあり固くなっている場所はストレッチ、弱化している筋に関しては強化が必要となってきます。

生活の中で行える簡単なストレッチと筋トレを指導し次回につなげますnote2

次回は1ヶ月後、痛みを再発することなく来所されることを願いますglitter2

慢性的な痛み、原因不明な症状なども諦めず、お気軽にお問い合わせください笑う 

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.11.06更新

スポーツコンディショニング

おはようございますihi

今回は背骨とスポーツパフォーマンス

高校生 野球部に所属するAくん

2年ほど前からボールが上手く投げれなくなり頭と体のイメージが結びつかないことで思ったように投げれなくなってきたとの事汗

話せば多岐に渡りますので簡単に

中学生の頃に監督から投球フォームを変えられ「肘を上げる、下半身の使い方」など指導を受けたようです。

投球時に腕を大きく振り上げるなどのオーバーヘッド動作の際には柔軟な背骨の動きが必要となり、背骨の柔軟性が低下した状態では頸部・四肢(手足)の動きが制限され動作上に問題が起きパフォーマンスの低下、怪我のリスクが高くなります。

例えば猫背姿勢で肩を上に持ち上げようとしても180度の動きは出せないはずです。

他でも同様ですが、猫背をして首の動き、肩の動きを確認してみてください。

極端な例ですが柔軟な背骨の動きが出来ない状態は可動域が狭くなるだけでなく全身的に筋肉の緊張が上がり肩こり、腰痛だけでなく怪我を起こしやすくなります汗

背骨とスポーツコンディショニング

【写真 左は猫背姿勢    右は良姿勢】

まず写真のように楽な姿勢で天井を見上げてみましょう。猫背の状態では動きが悪くなりますよねshun(主に胸椎の動きを診ていますが頚椎の影響で上がらない事もあります)

顔前面が天井と水平にならないようであれば背骨の柔軟性低下が考えられます。(本来は脊柱全体のチェックで判断しています。今回は胸椎〜頚椎に限定)

フォーム矯正を行う時は動きが悪いから動きを変えるのではなく、なぜフォーム矯正が必要な投球パターンになったかと言うことを専門的なトレーナー、コーチと話し合い、問題となっている場所をしっかりと見極め改善できるといいですね。

多くのパターンで動作効率を上げるには背骨の柔軟性を上げるだけでフォーム矯正をすることなくパフォーマンスが上がると言うことを多数経験しています。

今回のケースでは胸郭(肋骨)の動きも低下しており施術後では脊柱、胸郭の可動性、ボディーイメージが改善され無駄な力を入れることなく投球ができるようになっているはずですnico

実際の投球後の感想を聴ける日が楽しみですnote2

慢性的な肩こり、腰痛に限らずスポーツコンディショニングにも力を入れています。

お気軽にお問い合わせくださいglitter

スポーツパフォーマンスにも効果抜群なインソールも好評販売中です。(インソールのバランス体験無料で実施しています)

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.11.03更新

本日は整体は休診となります。運動療法のみ実施しています(AM営業 受付は終了しています)


 

膝関節痛 股関節痛

おはようございますihi

今日、明日は雨の予報ですleaf

朝から滑って転びそうになりましたehe

足元に注意して移動しましょう汗

本日は研修(SpineDynamics 療法アドバンス2)のお手伝いで沖縄市の翔南病院に来ていますnote2

アドバンス2では下肢疾患の治療について詳しく臨床推論していきますglitter

受講生の皆さん目がキラキラglitter2

月曜日からの臨床が楽しみになっていることでしょうihi

参加されている先生方で私に「イケメン」と一声かけてもらえたら施術効果を高めるコツをお伝えしようかと思います(笑)

お楽しみにheart2 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.11.02更新

明日11月3日は研修の為、整体は休診となります。運動療法のみ可能です。


 

土曜おはようございますnico

1年は早いものですbibibi

もう11月汗

12月で研究所は3周年glitter

3周年イベントがもしかするとあるかも知れませんehe

まだ何も考えてはいませんが・・・

いいアイデアが思い浮かぶ事を願います。

沖縄整体お勧め

本題へ

問診票の記入欄より

glitter2研究所を何で知りましたか?

お客様の返答    お勧めの整体サイト

お勧めのサイト?

整体の検索を殆どしないので全くわかりませんでしたが有り難く嬉しいサイトを発見しましたihi

沖縄県内のお勧め4選に研究所の名前がnote2

県内にも整体院が300施設ほどあるようです。

有名治療家の中に研究所が入っている事を嬉しく思いますheart2

僕より嫁の方が喜んでいますがehe

4選に恥じぬよう精進しますglitter

下記のサイトよりご参照下さいnote2

                  ↓

https://okinawa-seitai.hatenablog.com/

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.10.26更新

保険外診療

おはようございます笑う

読谷村は土曜日、日曜日は読谷祭り、そして今日は読谷村平和音祭りですnote2

なんとBIGゲストとしてキロロが出演しますnico

お時間のある方は読谷祭り会場に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

本題に

「何回通ったらいいですか?」

お客様からの問い合わせより

「何回通ったらいいですか?」との問い合わせがありました。

保険の効かない整体と保険の使える施術所と比べると何倍もの費用がかかるため気になるところですよねehe

問い合わせでの返答は

「症状により回数は異なりますが1回で終了となるケースもあれば5〜6回要する場合もあります。基本的に1〜2回で改善して月1回のメンテナンスで通われる方が多いですよ」とお伝えしました。

研究所では半年前から施術スタイルが大きく変わり通う整体から通わない整体へと大きく進化していますihi

それまでは痛みが強い時期、通院初期は週に2〜3通うことを勧めていました・・・

その時を振り返るとお客様の時間、金銭的な負担は大きかったでしょう。反省

整体に来られるお客様の多くは医療で改善されなかった症状の方が多く、治るなら・・・と通院される方が多い印象です。

研究所では必要最低限の時間、費用で済むように考え施術にあたっています。

整骨院、治療院等に週2〜3日通っているけど一向に良くならないと感じている方はぜひ研究所へご相談をglitter

整骨院にも良質な施術を受ける場所ももちろんあリますが良質な施術を受けれる整骨院は一握りでマッサージビジネス化しているのが現状・・・

保険が使えるから通い続けるは間違っています。

もちろん症状が改善しているのなら話は別です汗

このような方は是非ご相談を

・何ヶ所も病院や治療院に行ったけど良くならない

・ヘルニア、脊柱管狭窄症だからこの痛みはどうにもならないと諦めている

・立ち仕事が辛い

・長時間のデスクワークが苦痛など・・・

火のない場所に煙は立たないという言葉があるように症状には必ず原因があります。

原因を追求し症状を改善していきましょう。

ブログ内でも紹介していますが姿勢、体の歪みを改善することで長年の辛い症状が改善するということはとても多く経験していますglitter2

痛みでお悩みの方の力になれたらと思います。お気軽にお問い合わせをnote2

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

前へ
  • ヒューマンコンディショニング研究所 facebookヒューマンコンディショニング研究所 facebook
  • オフィシャルブログオフィシャルブログ
  • お客様の声お客様の声