オフィシャルブログ

2021.05.18更新

成長痛

おはようございますo(^▽^)o

「安静にしていたのに悪化」

皆さんは体を痛めた時にはどう対応していますか?

病院、整骨院にいく方もいれば放置する、寝れば治るなど・・・人それぞれです。

今回は成長痛によりお悩みの学生さん

病院より当面の間、運動は中止し、リハビリを続けて経過をみましょうと言われ1ヶ月が経過。

状態が悪化しているとの事で紹介により研究所へ

経過として病院受診後、リハビリが開始され同時に整骨院での治療を続けていたとのこと。

運動を中止し部活中は別メニューでストレッチを中心に取り組んでおり、生活レベルでの痛みは軽減されてきたが、今回のレントゲン初見で状態が悪化していると言われたそう・・・

ここで大事なことは、どのような状態で日常生活を送ってきたのかということです。

安静にしてはいるんですが・・・

運動などを中止し一見安静にしているように過ごしていても痛めている場所は常に過剰に働き続けている状態。

姿勢の状態から痛めた部位にストレスがかかっていることを説明。

何度か説明していますが研究所では背骨の状態、姿勢から何故、この場所に痛みが起きたのか?ここを重要視して施術を行っていきます。

痛い場所だけを追いかけても意味はなく、再発予防を含めて考えていきます。

姿勢が良好な状態であると前後左右へのバランスが安定し無駄に筋肉が働く必要がなくなります。

この状態を維持させることで患部へのストレスが軽減され状態は回復に向かっていきます。

成長痛で完治までに時間を要す場合は骨が変形、脛骨粗面が剥がれるといった状態になっており、早い段階で対応することでより早期の復帰が期待できます。

成長痛以外の慢性的な肩こりや腰痛などの痛みでも考えは同様です。

安静に過ごすでもどの状態で日常生活を過ごすかで慢性化、悪化させることにも繋がりますので早期の受診をお勧めします。

状態により安静が必要なこともありますが基本的にお勧めはできません。

できるだけ安静の期間は短ければ短いほど筋力低下を防ぎ改善は早くなります。

最近は小中学生の成長痛、スポーツ障害のご相談が増えています。

体の痛みや猫背などの姿勢に悩み、予防的にと行った方もお気軽にご相談下さい♫

 

 

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

  • ヒューマンコンディショニング研究所 facebookヒューマンコンディショニング研究所 facebook
  • オフィシャルブログオフィシャルブログ
  • お客様の声お客様の声