オフィシャルブログ

2019.05.21更新

沖縄 腰痛 側弯 日常の癖1

おはようございますnico

 

日常習慣が歪みを作る!!

 

ブログをご覧の皆さんは体に歪みを感じていませんか?

 

歪みにも様々なパターンが存在しますが今回は側弯について

 

側弯は図のように体を背中側、正面から見た時に見える背骨の歪みのことを言います。

 

側弯症とまではいかなくても背骨の歪みはとても多く存在します。

 

ブログ内でも紹介していますが背骨の歪みにより原因不明の不調であったり痛みを形成していることがあります。

 

研究所では姿勢を改善させながら背骨の柔軟性を高めていくことを重点的に施術しています。

 

多くの方が姿勢バランスを改善することで肩こり、腰痛などの症状が改善されています。

 

ですが施術後、症状は改善されても再び姿勢が崩れ腰痛が再発といったこともあります。

 

その場合の多くが日常生活の癖にあります。

沖縄 腰痛 側弯症 生活の癖

例えば上記写真は足を組んだ姿勢になりますが、この姿勢を続けていることで体を歪めている事はイメージしやすいですよね。

 

パートナーがいれば足を組んだ姿勢を10分ほどしてもらい立位になりチェックしてみてください。

沖縄 腰痛 側弯写真

背骨の横の筋肉(脊柱起立筋)の盛り上がりの左右差が出ていると思います。

 

このように足を組んだり、偏った姿勢が多いとその姿勢で固まってしまい腰痛などの痛みを形成することにもつながります。

 

体を歪める姿勢は人それぞれで、問診をしていくと「それが悪かったの?』と驚かれる方もいます。

 

歪みを放置すると後々、痛みを形成し難治性の症状になることもあるので歪んでいるなと感じている方は早めに対処することをお薦めします。

(側弯の改善事例については過去ブログを参照ください)

 痛みなどの症状はなくとも歪みが気になるといった方もお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

  • ヒューマンコンディショニング研究所 facebookヒューマンコンディショニング研究所 facebook
  • オフィシャルブログオフィシャルブログ
  • お客様の声お客様の声