オフィシャルブログ

2018.12.04更新

膝の痛み 正座ができない

おはようございます。


「施術後の経過は?」

北部から膝痛で来院2回目のお客様

初回、膝痛で歩き始めの痛み、正座の際の痛みに悩まれていたお客様でした。

変形性膝関節症などの膝の痛みは筋力低下、肥満、加齢などにより膝関節の機能が低下して、膝関節のクッションの役目をする軟骨や半月板がダメージを受けることで正常な位置で関節を保つことが難しくなります。

その結果、膝の痛みを生じ、正座が難しくなったり歩行時の痛みが出てきたりと生活に支障がでてくる痛みのひとつです。

法事事などでも頻繁に必要となることもある正座。

正座が出来ずに困っているかたも多いのではないでしょうか?

無理に正座をすることは膝の症状をより悪化させる事にもつながるので要注意です。

変形の度合いにより正座の再獲得は難しいケースもありますが初期で適切な対応をすることで予防することもできます。

痛みを作る要因は痛みのある関節だけではなく骨盤、姿勢に多くの原因がありことがほとんどで、姿勢を整えることで痛み改善に導いていきます。

今回のお客様は骨盤の傾き(反り腰)が強くあり全身的に調整していく中で姿勢を改善し動作時痛、正座が痛みなくできるようにキラキラ 。

2回目の今回は歩行時の痛みが少々出現はしていましたが正座は問題なく出来ていました。

痛みが出現した原因を説明し予防する為の自己メンテナンスを再指導

再発しないことを願います。

一般的に膝の痛みの方に大腿四頭筋を鍛えることがリハビリの現場で行われることがありますが、大腿四頭筋を鍛えることで症状が悪くなったりするケースも多い為、自主トレを頑張っているけど改善しないと言った方は見直しが必要かもしれませんね。

良姿勢を保つ為には筋肉量、体重の管理ももちろん大切です。

次回は体重と痛みについて投稿したいと思います。

なかなか改善しない痛みはお気軽にお問い合わせください。

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

  • ヒューマンコンディショニング研究所 facebookヒューマンコンディショニング研究所 facebook
  • オフィシャルブログオフィシャルブログ
  • お客様の声お客様の声