オフィシャルブログ

2018.06.22更新

スポーツコンディショニング オスグッド 膝痛 KYT

(2018年6月現在)

スポーツコンディショニング オスグッド 腰痛 膝痛 ヘルニア

(2017年5月)

おはようございますgya

【スポーツコンディショニング&肉体改造】

1年前から体のケアをしている野球少年A君

初診時は膝痛&怪我が多いということで来所。

A君の身体は体組成分析にて全身筋肉量%MV60%と低くスポーツどころか日常生活でも怪我のリスクが高い状態でした。

(日常生活安全閾値%MV65% 競技スポーツ参加レベル72%)

現状でスポーツを継続していると怪我のリスクが高すぎるという事をお伝えし減量に努めるように指導。

現在では全身筋肉量%MV76%まで改善niconote2

まん丸の可愛い顔でしたが今では男らしい顔、体格に大変身♫

体の不調もなく絶好調とのことです。

今週末にボーイズリーグ(中学硬式野球)の最後の大会があるそうです。

チームの主軸に成長しているようで今後の活躍が楽しみです。

研究所では初診の際に体組成分析を行いお客様の全身筋肉量から怪我、運動処方のリスクについて説明を実施し明確な目標を立てるところからスタートします。

全身筋肉量%MVが低い状態では痛み等の症状が施術後に改善されても重力に抗するだけの筋肉量がないため痛みを再発することが多いです。

県内での運動処方においても全身筋肉量の観点から運動処方をしている施設は一握りであり、筋肉をつける運動がかえって状態を悪化させてしまっている・・・

健康の為にと考え行っているウォーキングが体を悪くしてしまっているなど・・・

この全身筋肉量が低い方への運動処方は研究所ではエアロバイク(有酸素運動)、EMS(複合高周波Eトレ)、ベット上・座位での運動処方を実施しています。

他ではプール等もお勧めしています。

なかなか改善しない体の不調は全身筋肉量の関係も多いと思います。

是非、研究所で体の状態をチェックしにきてくださいねglitter

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.06.21更新

ヒューマンコンディショニング研究所

おはようございますgya

昨日は研究所のスタッフでもある嫁ちゃんの誕生日でした。

感謝してもしきれないほど僕を理解してくれる神嫁です♫

現在でも研究所のスタッフとして支えてくれる存在でもあります。

最近、変わったな〜と思ったのは自身の体の不調があった時に、ここがこうなったからこの症状がでたのかな〜?

と話しをするようになりました。

もしかしたら専門職の方より説明できるかもしれません(笑)

ここではハードルを上げ更に勉強してもらうようにアプローチ(笑)

研究所に来た際には私ではなく嫁に質問してみてくださいね〜

どんな返答をするか楽しみです。

たぶん嫁に怒られるかもしれませんが欲しいといったものを大量に準備しました(笑)

まだ嫁は何の事かわかりません。

ブログを読んで空き時間に探しだすことでしょう(笑)

怒られたらブログ内で紹介しますね♫

それでは本日はここまで♫今日も1日笑っていきましょう〜

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.06.20更新

 肩こり 腰痛 ひざ痛 坐骨神経痛 側弯症 スポーツコンディショニング KYT

おはようございますo(^▽^)o

サッカー日本勝ちましたね〜

私は寝てしまいましたが…

次こそは観戦します(笑)

《体の不調はシンプルに》

最近の施術前後の写真は姿勢変化ばかりだと感じている方も多いと思っているかたも多いと思います。

体の痛みなどの不調は正しい位置にキープできるよう改善されれば痛みは多くの場合変化するはずです。

姿勢が悪いから意識して姿勢を正す、もしくは子供に姿勢が悪いから綺麗にしなさいなどと指導している人も多いのではないでしょうか?

姿勢は無意識であり意識して姿勢を正そうとすると症状が酷くなったり筋肉の緊張が強くなったります。

要注意です。

研究所では姿勢を正しい位置へと導き、自主トレーニングで日常の生活をリセットできるように指導しています。

自主トレーニングをしっかりできれば痛み等の症状は再発することなくお客様自身でコントロールできるようになります♫

これができれば定期的なチェックで充分♫我々に依存する必要ないでしょう。

なかなか改善しない痛みでお困りの方、原因不明の痛みでお困りの方はシンプルに自分の姿勢がどうなっているのかチェックしてみるのもいいですね♫

自分でチェックが難しい方はぜひ研究所で体のチェックをしてみましょう〜

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.06.19更新

腰痛 肩こり ひざ痛 側弯症 ヘルニア 歪み 筋膜

<セルフエクササイズ指導時の様子>

おはようございますgya

さてさて何日つづくでしょうか?

ブログをフユー(怠ける)する癖があるんですが、いまのところ続いています(笑)

月曜〜金曜はブログを投稿しますのでお時間のある方はブログに遊びに来てくださいね〜

ブログの投稿が滞りがありましたらクレームをいれてください(笑)

本題に

《最終チェック&メンテナンス》

2回目の来院のAさん、痛みもなく最終チェック(セルフエクササイズがしっかりできているか確認)

研究所では出来るだけ症状を1回〜数回で解決できるように心がけています。

多くの場合、1回目で症状の改善が得られますが、再来院時にまた痛みが出てくるケースも多いため痛みがなくなっても1週間後の再来院をしてもらうようにしています。

1週間後にセルフエクササイズがしっかりできているか確認をすることで、間違ったエクササイズを修正し良い状態を維持する為に必要と考えているからです。

その後は痛み、不調を感じたら連絡くださいor1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後などに体のチェック&メンテナンスできてくださいと話しています。

Aさんは痛みの再発なく経過されていたため次回は上記の様に何かあれば連絡くださいで終了♫研究所卒業となりました。

最後にフユー(怠ける)したら駄目ですよ〜とお伝えし終了でした。

人にフユーしたら駄目とお伝えしたので私自身もブログのフユー癖をなくすよう心がけます(笑)

体の不調等ありましたらお気軽にお問い合わせください♫

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.06.18更新

側湾症 腰痛 歪みKYT Ken Yamamoto

おはようございますo(^▽^)o

土曜日の台風被害はなかったでしょうか?

すごい雨でしたね!

今日は体の歪み、治療家泣かせ側湾の改善写真です(100%ではないですが…)

側湾症までではないですが慢性的な症状をお持ちの方は猫背、反り腰の他に側湾があるケースがとても多いです。

日常的な癖、仕事の中での反復作業等により体の歪みを形成していることがあります。

研究所では痛みが発生したプロセスを探り、お客様の体に合わせ歪みをリセットさせる体操を指導しています。(とても簡単で時間的に2〜3分ほど)

施術により痛み等の不調が消えても日常の癖があると再発することが多いのが現状です。

セラピストができることは、体の不調を取り除くキッカケ作りです。

体の不調でお困りの家族、友人等がいましたら紹介下さいませ♫

誠心誠意対応させていただきます。

よろしくね〜gya 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.06.15更新

自律神経の乱れ 有酸素運動 上限心拍設定トレーニング 腰痛 肩こり

おはようございますo(^▽^)o

恵みの雨が降ったと思えば台風がやってきそうですね♫

台風対策もしっかりと行い気をつけましょう〜

写真は自律神経トレーニング(上限心拍設定トレーニング)の模様です。(リクエストで嫁が一緒にお付き合いします笑)

エアロバイクで自律神経?と思われる方もいるとおもいますが、自立神経症状に有効なトレーニングです(医学的にも説明ができます)

自立神経の不調=心拍数が不安定

ということです。

不眠、内科的な症状にも有効です。

慢性的な痛みを抱えているかたも自律神経は正常ではない方が多くあるため、ほとんどの方が適応になります。

希望に応じて研究所でのトレーニングも可能です。

お気軽にお問い合わせください。

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.06.13更新

体の歪みヘルニア 腰痛 側湾症 膝痛

 体の歪み 肩こり 腰痛

おはようございますo(^▽^)o

今日も快晴、1日がんばっていきましょう♫

最近はドクターから手術を考えた方がよいと言われる方が週に1〜2名来院されています。

ありがたいことに研究所で施術を受けて改善する見込みがなければ手術を考えるという方もちょこちょこいます。

手術と言われた患部はもちろん変形もしくは損傷があり、そこに対しては手で変化は起こすことは不可能な話です。

病院での診断は間違いないと思いますが、研究所での実際は患部に原因がないという考えのなかで痛みから離れた場所を施術することで変化するケースはとても多い!

例えばヘルニアと言われた方が研究所で改善された方も多数いて1回の施術で痛み痺れが変化するということはヘルニアと患部は関係がなかったということです。

研修のなかでどんなにヘルニアが飛び出ていても症状が出ない方もいる、腰とは別の症状でレントゲンを撮るとヘルニアがあったというかたも多く存在するようです。

姿勢が正しくなれば症状が変化する可能性があり、姿勢をみれば将来的に起こる症状まで予測することもできます。

姿勢が悪いなど、痛みだけでなく体の歪みも改善しながら動きやすい体づくりをしていきましょう。

体の不調はお気軽に御相談ください。

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.06.09更新

スポーツコンディショニング 腰痛予防 EMS インナーマッスル

おはようございます

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.06.07更新

原因不明な体の痛み 自律神経腰痛

おはようございます
ひさしぶりに施術前後のUPですnico
原因不明の痛み、手足の強張りに痺れ、息苦しさで内県外の病院で検査も受けてきたお客様です。病院や治療院などを転々としていたようですが1回目の施術で改善され翌日に来院した時にはこれまでの症状が嘘みたいと喜びの声をいただきました。
私的にはまだまだ改善しなければならないポイントがありましたが…これからは自主トレと定期的な体のメンテナンスで体を整えていきたいとの希望もあり自律神経の整え方、生活、物事の捉え方などなどを説明し終了としました。なにより嬉しかったのは自ら体を変えようと意識が変化したことです。施術家はお客様の治そうという気持ちを後押しするお手伝いさんでしかありません。「私がすることは体を変えるきっかけ作り」とお伝えしています。治そうするのは自分自身、予防するのも自分自身、健康的な生活をすることもやることは全て同じことです。
体の悩みお気軽にご相談くださいませ♩
体の不調の道しるべになれば嬉しく思います。

寝たまま楽々インナーマッスルトレーニングも好評受付中 体験(1000円)随時受付しています。2人同時に可能なので家族、お友達と一緒に楽しみながら体験することも可能です。

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

2018.05.28更新

おはようございます
昨年の10月より導入していましたが紹介できずにいました
ヒューマンコンディショニング研究所に県内初導入として最新のEMSインナーマッスル強化(Eトレ)マシンが導入されました。
Eトレは寝たまま30分間通電することで9000回の筋収縮が得られ楽してインナーマッスルを強化するマシンです。
効果効能として
■メタボリックが気になる方
■冷え性・むくみのある方
■姿勢の悪い方
■肩・腰・ひざに痛みのある方
■筋力の低下が気になる方
■お通じが悪い方
■尿トラブルを抱えている方
■運動不足の方

楽してトレーニング Eトレ 複合高周波ダイエット

楽してダイエット Eトレ 複合高周波 インナーマッスルトレーニング
テレビで宣伝している機械と何が違うの?と疑問を持つ方が多いと思います。
テレビショッピングで紹介されている機械は低周波といって表面の筋肉に対し通電し筋肉を鍛えていくというもの。
研究所で取り扱っているEトレは複合高周波といってインナーマッスル(カラダを支えるための奥深くにある筋肉)を鍛える為のマシンです。通常の低周波で刺激できるのは表面から3mm程の筋肉を刺激するのに対しEトレは表面から20cm奥深く通電できるのが特徴です。

楽してダイエット Eトレ 高周波

このインナーマッスルがしっかりと働いてくれることで楽に動くことができ筋肉の張りが軽減されていきます。逆にインナーマッスルがしっかりと働かない状態では表層の筋肉であるアウターマッスルが頑張りすぎるため姿勢の崩れが発生し筋肉の張り痛みなどが生じるということになります。
研究所では体組成分析により筋肉量%MV(総タンパク質量)が65%以下の方に対して減量ならびに筋力を改善を目的として処方しています。全身筋肉量が少ないということは重力に抵抗するだけの筋力がない事を指しており常に痛みを発生させるリスクがあるということです。全身筋肉量の少ない状態の方の多くは施術を受け数日は調子が良かった、もしくは当日は痛みが出なかったという方がいらっしゃいますが、いくら良い治療を受けたとして元に戻ってしまうという特徴的なパターンがあります。お腹の脂肪の重さが骨盤の傾きを変化させることで背骨を正しい位置にキープ出来なくなり筋肉の張り、痛みを作ってしまうのです。何となくイメージはできましたか?それでは痩せるまでずっと痛みと戦うのか?という質問も多くあります。こちらに関しては通常のコルセットの巻き方を変えることで痛みはスパッと消えることが多くありますのでお困りの方は研究所までお問い合わせください。

初診料1000円+体組成分析500円+Eトレ体験1000円 2000円

*女性への通電パットの貼り付けは女性スタッフが行います。

*施術から希望される方は体組成分析が初診料に含まれています。

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

前へ
  • ヒューマンコンディショニング研究所 facebookヒューマンコンディショニング研究所 facebook
  • オフィシャルブログオフィシャルブログ
  • お客様の声お客様の声