オフィシャルブログ

2018.04.23更新

 KEN YAMAMOTO ヒューマンコンディショニング研究所

おはようございます。
4月21日に前回に引き続きKEN YAMAMOTO アドバンステクニックを学びに東京へ行ってきました。
今回は治療家泣かせの側弯症の治療の考え方、短下肢と長下肢の特異性、遠心性収縮と求心性収縮から考える治療法を学んできました。今までの考え方が何だったんだろうと思うぐらいシンプルな考えで体が変化していくことに受講生同士で驚き笑いが止まらないセミナーとなりました。前回もそうでしたが休憩は10分程で気付けば夕方になっていました。終わった頃にはぐったりでしたが、セミナー終了後には懇親会。何でも話してくれるKEN先生は人を惹きつけます。「治療家はピュアであれ、経営を考えだした頃から治療家としてのピュアさは失われていく」と教えて頂きました。1回で完結できる治療技術を持ち患者様に関われば後は口コミで広がっていく。
経営も大切ですが、治療家として社会貢献に励むことが一番だということを考えさせられる時間にもなりました。
またKEN YAMAMOTOテクニックが来年、再来年と開催され最新の知見が得られるのが楽しみです。
ブログを見ている皆様の周りで痛み、痺れなど特に側弯症でお悩みの方がいましたら是非ご紹介よろしくお願いします。

 

投稿者: ヒューマンコンディショニング研究所

  • ヒューマンコンディショニング研究所 facebookヒューマンコンディショニング研究所 facebook
  • オフィシャルブログオフィシャルブログ
  • お客様の声お客様の声